とっさの言葉が緊張せず言えるようになる練習法

起業ビギナー

お客様へ名刺やチラシなどの
販促ツールを渡す時。
渡したくて声かけたい時。

何か話そうとしても
緊張で言葉に詰まってしまい

「うまく話せなかった」
「もっと言えることがあったかも」って
思うことありませんか?

とっさの時に緊張せず
すんなり話せる人の
ほとんどは
性格ではありません。

人と話すことに
慣れているかいないかの
違いだけです。

慣れるために
毎日の生活の中でできる
練習法をご紹介します。

例えば、買い物で
お会計の際には
店員さんに
「お願いします」
「ありがとうございます」
は必ずいう。

会計の間に喋りかけてみる。
初めは天気や天候の話題が
話しやすいです。

他にも、外食では
オススメを一言聞いてみたり

会計時に
「美味しかったです」
「ごちそうさまです」
を伝えてみる。

こうやって知らない人と
話すことに慣れてしまえば
緊張せず言葉が言えるように
なります。

それ以外にも
①挨拶・お礼の習慣がつく
②相手の反応への恐怖を軽減する
③相手が気持ちよく答えられる
 話題を身につける
などの練習にもなります。

慣れてきたら、
洋服屋さんの店員さんや
電話営業してきた人
飛び込みの保険屋さんなど
と会話すると
色々と勉強になりますよ。

※忙しい時に呼び出したり
長々と相手の時間を奪ったり
と、自分勝手な振る舞いには
気をつけてくださいね。
その慣れがとっさの時にも
出てしまいますから。

タイトルとURLをコピーしました