今日は、ちょっときついこと言ってます。

そういうのが嫌いな方は読まずに画面閉じてね。

 

不幸アピールをする人は信用しません

私は、「不幸アピール」する方は信用していません。

なぜなら、大変な時っていうのは
みんな言わないだけで誰にでもあることだから。

他人にいちいちアピールすることではないと思ってるから。

(あなたのことではありませんよ!)

 

結局ね、こういう人の心理って

大変な状況なんだから

許してもらえるかも。

同情してもらえるかも。

優しくしてもらえるかも。

ってとこだと思うんです。

 

約束を守れない理由に、不幸アピール?!

例えば、こんな人。

 

約束したことが期日までに守られなかった。

でも、期日を過ぎても、
なんの連絡もないので
仕方なくこちらから連絡することに。

 

でも・・・

返ってきた返事は

ごめんなさいと言いつつも

「私はこんなに今大変なんです」

「こんなに頑張ってるんです」

「信じてもらえないほど、不幸だけど一生懸命やってるんです」

と、不幸状況の詳細な報告。

 

正直ね、あとから言われても

しらんがな!!(苦笑)

ですよ。

 

時にはどうしてもの理由

病気や事故・災害などで

約束が守れない時もある。

それは、別として。

 

電話できるんなら

自分で動けるんなら

 

本当に悪いと思ったら

期日前に自分から連絡するだろうし、

ね。

 

悲劇のヒロインごっこは今すぐやめましょう

あとから「ごめんなさい」は

言い訳にしか聞こえない。

 

そして、長ったらしい説明や

不幸アピールを追加すると

理解してもらえるんじゃなく

さらに印象が悪くなるんですよ。

 

私が大変な時なんだから、
融通きかせてくれるよね?!

って気持ちがドロドロ溢れ出してる。

同時に、相手を粗末に扱ってるんです。

 

そして、こういう人ってたいがい

周りに対して

頼むことは遠慮なく頼む。

甘えてくる。

で、勝手に盛り上がっている。

で、勝手に怒ってる。笑

 

なのに、本人も気付いていない
ことが多いから、余計にタチが悪いよね。

 

もー!こういう人とは

ザザーッと一気に距離あけちゃう♡

 

悲劇のヒロインしてても、なんもいいことないよ。

むしろ、信用無くすから今すぐやめましょうね。

 

【ひとり事業~小さな実店舗】専門

ブランディング販促デザイン・コンサルタント
共感される「らしさ」を引き出し、売れるデザインで伝える!

(ホームページ・名刺・セルフマガジン・チラシ制作)

ブランディング販促ツール制作

ご相談はお気軽に。Facebookのメッセージもしくはお問合せフォームより受付中!

ご案内
運営メディア
連絡先

hartweb オスカル高木
住所 :浜松市中区中島3丁目16-14 1F
‭電話  :‭050-5274 -9931‬
(留守電・録音対応。折り返しのご連絡となります)