「知ってもらおう!」よりまず「知ろう」

小さなお店・個人事業主の販促

商品(サービス)を
販売するには
知ってもらうことが
絶対に必要です。

しかし
「売るどころか、
話すら聞いてもらえない」
というときは

「知ってもらおうと思って!!」
が先走っていないか
確認してみて下さい。

知ってもらおうとするのは
悪いことではありません。

ですが、
まずあなたが
お客様を「知ろう」と
するのが先です。

お客様を知ろうとしなければ
その人が何を求めていて
何が喜ぶことなのか
わかりません。

それがわからないと
扱っている商品(サービス)の
魅力や使い勝手を
どのように
知ってもらえばいいか
の判断がつかないはずです。

お客様は
その道のプロになりたい
わけではありません。

自分にとって
あなたの扱うものが
どのように役立つのか
どんな喜びを与えてくれるか
が知りたいんです。

まずは一呼吸おいて
目の前のお客様を知ることから
始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました