セールストークを聞いてもらいたい時の観察ポイント

小さなお店・個人事業主の販促

お客様への商談・説明時など
話を聞いてもらいたい時には

お客様の話すスピードを
まず観察してみましょう。

人それぞれに
話すスピードがありますよね。

そのスピードに
耳も慣れているため
同じスピードのトークは
受け入れやすいものです。

話すスピードが
速めなお客様には
あなたも速めに。

遅めに話すお客様には
遅めにトークしましょう。

普通かな…と思う場合は
少し遅めがちょうどいいです。

どちらの場合も
はっきりとした口調と声で
聞き取りやすくしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました