普段、夜は出かけることがない私。
多分、この10年で片手に収まるくらいしか出かけていない。

だけど、どうしても行きたい講座があった。
勢いで申し込んでしまった。

子供達、どうしよう?
講座をキャンセルしようか…
でもきっとこれは私にとって何かを掴むチャンス。

勇気を出して、初めて旦那に早く帰ってきてもらうよう頼んでみた。

するとどうだろう。
予想外のすんなりOKで、一気に気が抜けた。

母親としてこうじゃなきゃダメだって、
仕事も、育児も完璧でなきゃって、
私がやらなきゃいけないって、
自分で自分にこうでなきゃいけないって
言いすぎてただけかもしれない。

子供を四六時中預けて、キラキラなママ起業家になりたいとは思わない。

子供にとっての母親は、私しかいないから。

お母さんの代わりは誰にもできないから。

でも、たまには自分のことを優先してみてもいいのかもしれない。

子供だって、我慢ばかりしてイライラしてるお母さんより、人生楽しんでいるお母さんのほうが見ていて幸せな気分になるだろう。

私はどこかで、旦那に対して信用していなかったのかもしれないとも思った。

普段、
稼ぐのは男の仕事。
俺はそれしかできない。
子育てと、家事は出来るときは手伝う。

そう言っている旦那の言葉を鵜呑みにして
勝手に、旦那と子供達を信用していなかった私。

(パパと子供達、ごめんなさい。)

完璧主義と心配性のせいで、自分と同じレベルでやってもらえなかったら…と。

お父さんだって、子供達からしたらたった1人の存在。

オムツが蒸れてしまうかもしれない。
宿題がちゃんと見られないかもしれない。
温度調節せず風邪ひかせるかもしれない。

でも、お父さんと子供達だけの時間も、いつかいい思い出になるはず。

たった3時間の夜の外出。

でも、私にとっては大きな第一歩。

仕事を頑張れる理由である育児を、仕事ができない理由にしたくない。

自分を不自由させていたのは、結局自分。
人を信用できず、任せられなかった自分。

家族をちゃんと信用したら、自由が手に入った。

不器用すぎる母、
地味だろうが、コツコツだろうが、小さな一歩すぎだろうが、もう関係ない!

止まらず進化し続けます。

———————

<現在、参加募集中の講座>
【2017/11/16】
10:00~13:00 (13:00~星見さん特別鑑定会)
集客に役立つチラシデザイン&12星座別のチラシ作成ポイント
講座詳細はこちら

———————

楽しく育てる!強みホームページ
hartweb 高木かよこ

公式サイト
https://hartweb.net

Twitter
https://twitter.com/hartweb0

Facebook(高木)
https://www.facebook.com/hartweb0

お友達申請募集中!お気軽に申請してくださいね。

Facebookページ(hartweb)
https://www.facebook.com/hartweb/

ぜひレビューをお願いします。

hartwebへのお問い合わせはこちら