個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促(差別化・ファンづくり・売上アップ)hartweb

個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促hartweb

4人育児・家族

長男の不登校で見直せた子育ての最終目標

更新日:

長男が不登校になり2週間。
これがきっかけで、

初めの1週間は、本当に悩んでしまい
なぜ学校に行けなくなったのか?

私の子育てがいけなかったのか?

転校したのが悪かったのか?

それとも、長男を弱く育ててしまったのか?

色々と良くない考えが湧いてきていました。

不登校になるとダメな子なのか?

でも、よく見たら
学校に行かないだけで長男は元気で過ごしている。

むしろ、笑顔は増えたんじゃないか。
家族とも会話できるし、引きこもっているわけでもない。
未来に希望も持っている。
どこに行っても、集団生活ができないわけでもない。

だったら、学校に行かないのは・・・

本人の中で、悩んだ末に決断したことなんだろう。
そして、勇気を持ってそれを伝えたんだろう。

長男は勇気を持って自分の意思を主張できるように成長してるんだ。

何も悪くなんて成長してないじゃないか。

大人だってやり方を間違うことはある。
誰しも間違えずに生きていくのは無理。

だったら、長男が決めたことなんだから、長男が自分で解決していくのを待とう・・・。

ようやくそう思えるようになりました。

不登校よりも過干渉に気を付けよう

正直、無理矢理だったら毎日学校に行かせることもできました。

でも、それは大人の価値観の押し付け。

そんなことをしても、きっと長続きはせず、親子関係も悪くなったでしょう。

後で調べたら、過干渉というそうです。

不登校になったあと、親子での会話が増えました。

会話の中で、
・私が長男の意思を尊重し、信頼し、応援しているのをわかってる。
・信じてくれるから、自信を持てる。
・押し付けないから、自分で決めようと思ってる。
などの言葉がでてきました。

少しづつ大人になっていく長男

今、長男は、好きなことを見つけ始めています。

母は、見守ることしかできないけどね、
今までもこれからもずっと君を応援してるよ。

大人になって離れて暮らしても、幸せに生きていってほしいな。

お問合わせ・ご予約はこちら

-4人育児・家族

Copyright© 個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促hartweb , 2019 All Rights Reserved.