個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促(差別化・ファンづくり・売上アップ)hartweb

個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促hartweb

ホームページ(Wordpress)

WordPress新旧エディターの切り替えかた

更新日:

新エディター「Gutenberg」が使いにくいんじゃ!というお声が届いたので、
「Gutenberg」ユーザー向けに、 旧エディターへの切り替え方法をお伝えします。

旧エディター( Classic Editor )を手に入れよう

①Wordpress管理画面のメニューバーのプラグインにカーソルを乗せ、出てきた新規追加をクリックします。

②右上のキーワード(赤枠)のところに、「Classic Editor」と入力します。

③旧エディター(ClassicEditor)がでてきたら、インストールをクリックし、ボタンが有効化にかわったら再度クリックします。

旧エディター( Classic Editor )設定方法

① WordPress管理画面のメニューバーの中の設定にマウスを置き、出てきた投稿設定をクリックします。

②投稿設定の中の、すべてのユーザーのデフォルトエディタークラシックエディターにチェックします。

投稿画面を確認してみましょう

では、 WordPress管理画面のメニューバーの投稿→新規追加から、投稿画面に戻ってみましょう。

なんということでしょう!

ずっと会いたかった、懐かしいあの画面が目の前に広がっています。

新エディターに戻すには

旧エディターを使いながら、新エディター(Gutenberg)も練習したい方は、時間がある時なんかに切り替えて使ってみましょう。

新エディターに切り替えたい時は、投稿画面の右下にスクロ-ルして、エディターの中のブロックエディターに切り替えをクリック。

それだけで、新エディターに画面が変わりますよ。

※新規投稿を新しく開くと、旧エディター(Classic Editor)に戻ります。

お問合わせ・ご予約はこちら

-ホームページ(Wordpress)

Copyright© 個人事業主・小さなお店が「らしさ」で指名買いされる!ブランディング販促hartweb , 2019 All Rights Reserved.