今日は、ソーラー発電工事をしてる会社の
社長さんとこへ。

ホームページリニューアルのお話をする中で、
農地転用できない土地の有効活用法について
興味深い話を聞いたよ。

使い道の無くなって荒れ果てた農地って、
たくさんありますよね。

でもね、そういうとこって建物を建てられない
ことが多いんです。

土地の登記されている中には「地目」てのがあって
農地は地目を転用しないと農地以外に使用できない。

荒れ放題でも、固定資産税はかかります。

でも、農地転用の手続きって中々下りないし、超めんどいんですよ。

 

でね、思いつく1つの方法が

「ソーラーパネルを置いて発電ちゃえ!」

なんですが・・・

普通のソーラーパネルって、

農地に設置できないんですって!!!

 

知ってました?!

なんだよー。
じゃあ、税金払うしかないのかよ~と
お思いのあなた!!

大丈夫。

 

転用できない農地にも設置可能なソーラーパネルが
あるんだそうです。
普通のより高さがあるタイプらしい。

それを使えば、ソーラーパネルの下で農作物を
作ることができ、農地転用せず設置できるんだとか!

ここで、「すげー!」って超絶感動しました。
はい、みなさん盛り上がって~

ソーラーパネルの設置費用はかかるから
うちの場合は電気を売ったら得なのか??

そんな方にはシミュレーションも出してくれるそう。

なんでもそうだけど、
又聞きせずネット検索で終わらせず
知識のある方から正確な情報を手に入れよう。

自分の目で見て知ること。
自分の耳で聞くこと。

そうやって、ちゃんと確かめてから
落ち着いて判断すればいいよね。

 

ソーラー発電や、土地活用のことは
その道の信頼できるプロをご紹介します。

ブランディング販促のことなら
私にいつでもご相談くださいね!

 

【ひとり事業~小さな実店舗】専門

ブランディング販促デザイン・コンサルタント
共感される「らしさ」を引き出し、売れるデザインで伝える!

(ホームページ・名刺・セルフマガジン・チラシ制作)

ブランディング販促ツール制作

ご相談はお気軽に。Facebookのメッセージもしくはお問合せフォームより受付中!

ご案内
運営メディア
連絡先

hartweb オスカル高木
住所 :浜松市中区中島3丁目16-14 1F
‭電話  :‭050-5274 -9931‬
(留守電・録音対応。折り返しのご連絡となります)