営業下手な方のセールス術

小さなお店・個人事業主の販促

例え話を伝わりやすくするための極意

例え話が伝わりやすい人と伝わりにくい人の違いは何だと思いますか? 伝わりやすい例え話をするには「相手の目線で話をする」が大事です。 伝わりやすい人は例え話を相手の知っている興味のある分野に置き換えますが 伝わりにくい人は...
小さなお店・個人事業主の販促

褒められた時に謙遜すると損する理由と答え方

人に褒められた時どんな受け答えをしてますか? つい謙遜して「いえいえ、そんなこと…」なんて言ってるなら今すぐやめて素直に感謝の言葉を伝えましょう。 なぜならその謙遜は「謙虚」ではなく 褒めてくれた人のせっかくの気持ちを即...
小さなお店・個人事業主の販促

「知ってもらおう!」よりまず「知ろう」

商品(サービス)を販売するには知ってもらうことが絶対に必要です。 しかし「売るどころか、話すら聞いてもらえない」というときは 「知ってもらおうと思って!!」が先走っていないか確認してみて下さい。 知ってもらおうとするの...
小さなお店・個人事業主の販促

お客様は迷いたくない!選びたい!

買い物していて欲しいものがあってもしばらく迷っているとめんどくさくなって買わずに帰ったことってありますよね。 同じように目の前に商品Aにするか商品Bにするかで迷っている。 そんなお客様がいたら声のかけかたはどうしていますか? ...
小さなお店・個人事業主の販促

セールストークを聞いてもらいたい時の観察ポイント

お客様への商談・説明時など話を聞いてもらいたい時には お客様の話すスピードをまず観察してみましょう。 人それぞれに話すスピードがありますよね。 そのスピードに耳も慣れているため同じスピードのトークは受け入れやすいものです...
小さなお店・個人事業主の販促

初対面で会話が弾まないのは、相手に興味がないから

「初対面の時に会話が弾まない」と悩んでるなら何か話そうとするのではなくまず自分から相手に興味を持ち質問してみましょう。 例えば、住んでいる地域を聞いたけれど知らない土地だった時 興味がなければ知らないところだな〜で終わってしま...
小さなお店・個人事業主の販促

購入目前で迷うお客様に有効な声かけ法

※注意※この方法は、最後の気持ちの迷いにそっと背中を押してあげる時に有効です。断られたあとも言い続けると押し売りになってしまいますので注意。 先日、コンビニでおじさんがレジ横の揚げ物を注文してました。 が、ケース内に商...
小さなお店・個人事業主の販促

購入を決めてもらえない。話す相手を間違ってませんか?

興味はありそうで詳しい説明も聞いてくれた。でも、最後になって購入を決めてもらえない。 そんなときは、商談する相手を間違えているかもしれません。 そもそも相手が購入に関する決定権をもっていなければ決めることができ...
タイトルとURLをコピーしました